永代供養墓 横浜市、大和市、鎌倉市近隣の墓苑(霊園)

横浜 永久の杜管理事務所 0120-753-108 大和 永久の杜管理事務所 0120-606-108
  • お問い合わせ・資料請求
  • 企画・運営会社概要

使用規則 ~永代供養墓 永久の塔~

永代供養墓「永久の塔」について使用規則をご覧ください。

永代供養墓「永久の塔」では使用規則を定め、分かりやすい運営を行っています。
永代供養料以外の費用が発生しないことを明確に定め、毎月2回の墓前合同法要には全ての方が費用負担なく参加することが可能です。
使用規則には 単独安置方式使用規則合葬安置方式使用規則 とがあります。
永代供養墓「永久の塔」の使用規則をご覧ください。

単独安置方式使用規則

第1条(建立の目的)

社会構造の変革に伴い墓地のあり方・考え方にも大きな変化が生じています。今迄のように「家」や「累代」を中心とした墓地から、維持管理の問題・承継者の問題・費用負担の問題等により単独墓地を購入されない方が増えております。しかしどのように時代が変わろうとも、亡くなった近親者や祖先を敬う気持ちは少しも変わっていません。永代供養墓であっても普通の独立墓地と何ら変わる事無く常に尊厳を失わず、大切な御遺骨を「弔上げ(といあげ・とむらいあげ)」の三十三回忌まで責任をもって供養する墓地、それが「永代供養墓永久の塔」(以下「永久の塔」という)を建立する目的です。

第2条(使用規則制定の目的)

「宗教法人随流院」(「曹洞宗」)が経営主体である「横浜永久の杜墓苑」内に設置する「永久の塔」を使用するに当たり、その埋蔵及び供養・管理が適切に行われるよう本使用規則を制定するものである。

第3条(埋蔵及び管理)

「永久の塔」は「横浜永久の杜墓苑」敷地内特別区に専用永代供養墓施設を設置し、日本国籍を有する者の焼骨を、施設内の納骨室(カロート)及び専用合葬墓に納骨(埋蔵)する。
納骨(埋蔵)はこれを管理者が行なう。
「永久の塔」施設内の指定された礼拝区域外への一般立ち入りは禁止する。
墓苑管理者は当該施設を中心とした「永久の塔」特別区の清掃・管理・維持・供養を行なう。

第4条(墓前法要)

「永久の塔」における墓前合同法要は、毎月一日・十五日午前十時より「横浜永久の杜墓苑」が定めた方式に則り挙行する。
この墓前合同法要には誰もが一切の経費負担を求められる事無く参加できる。

第5条(使用規則と永代供養料)

「永久の塔」へ焼骨を施設内の納骨室(カロート)及び専用合葬墓に納骨(埋蔵)する場合、申込者と御遺骨との関係を明確に出来る書類を提出し、定められた永代供養料を支払うものとする。

単独安置方式

受託期間33年。墓誌に本名を彫刻。埋蔵後33年間納骨室に御遺骨を専用収納容器に移し換えて安置。埋蔵33年経過後「永久の塔」特別区内合葬墓に改葬。
永代供養料 ¥220,000.(一霊)
(注1)納骨室にて御遺骨を安置している10年間に、使用者及び使用承継者は管理者に申し出て御遺骨の搬出をすることができる。それ以後の申し出に対応する事はできない。
(注2)納骨室にて御遺骨を安置している10年間に、使用者又は使用承継者の申出により御遺骨を搬出する場合は、(1)御遺骨搬出申出理由書、(2)当墓苑発行「使用承諾証」の返還、(3)使用者及び使用承継者の戸籍抄本、(4)申出人(使用者又は使用承継者)の印鑑証明、を提出した上、返還申立手続きを完了させた後、使用者及び使用承継者に¥100,000.を払い戻し、御遺骨を返還する。

第6条(生前申込)

「永久の塔」の使用に関し、生前申込をする事ができる。
申込については本人又は近親者のみに限り、近親者の場合は使用者との関係を明確にできる書類の提出が必要となる。
生前申込者が被埋蔵者又は被改葬者となった場合は、「永久の塔」使用申込時に発行した「永久の塔使用承諾証」を提示の上、埋蔵時に必要な書類を提出する。
生前予約申込者が使用前に契約を解除する場合は、本人確認ができる書類を提示の上「永久の塔使用承諾証」の返還と引換えに、合葬安置の場合は¥40,000.を払い戻す。

第7条(維持管理費用)

「永久の塔」における永代供養料の支払が完了して以後、維持管理費用及び追加費用を一切請求することは無い。

第8条(墓苑管理者による申込の拒否)

「横浜永久の杜墓苑」は「永久の塔」の使用申込を、以下事項に該当する場合はお断りすることがある。

  • 日本国籍を有しない者。
  • 永代供養申込契約者が本人又は近親者で無い場合。
  • 必要書類の提出ができない人。
  • 管理委託契約金が払えない人。
  • 仲介斡旋業者。
  • 当墓苑の管理方法に同意できない人。
  • その他墓参に訪れる方々に迷惑が掛かると思われる人、及び関係者。
  • 埋蔵遺骨が「弔上げ(といあげ)・三十三回忌」を経過している場合。

合葬安置方式使用規則

第1条(建立の目的)

社会構造の変革に伴い墓地のあり方・考え方にも大きな変化が生じています。今迄のように「家」や「累代」を中心とした墓地から、維持管理の問題・承継者の問題・費用負担の問題等により単独墓地を購入されない方が増えております。しかしどのように時代が変わろうとも、亡くなった近親者や祖先を敬う気持ちは少しも変わっていません。永代供養墓であっても普通の独立墓地と何ら変わる事無く常に尊厳を失わず、大切な御遺骨を「弔上げ(といあげ・とむらいあげ)」の三十三回忌まで責任をもって供養する墓地、それが「永代供養墓永久の塔」(以下「永久の塔」という)を建立する目的です。

第2条(使用規則制定の目的)

「宗教法人随流院」(「曹洞宗」)が経営主体である「横浜永久の杜墓苑」内に設置する「永久の塔」を使用するに当たり、その埋蔵及び供養・管理が適切に行われるよう本使用規則を制定するものである。

第3条(埋蔵及び管理)

「永久の塔」は「横浜永久の杜墓苑」敷地内特別区に専用永代供養墓施設を設置し、日本国籍を有する者の焼骨を、施設内の納骨室(カロート)及び専用合葬墓に納骨(埋蔵)する。
納骨(埋蔵)はこれを管理者が行なう。
「永久の塔」施設内の指定された礼拝区域外への一般立ち入りは禁止する。
墓苑管理者は当該施設を中心とした「永久の塔」特別区の清掃・管理・維持・供養を行なう。

第4条(墓前法要)

「永久の塔」における墓前合同法要は、毎月一日・十五日午前十時より「横浜永久の杜墓苑」が定めた方式に則り挙行する。
この墓前合同法要には誰もが一切の経費負担を求められる事無く参加できる。

第5条(使用規則と永代供養料)

「永久の塔」へ焼骨を施設内の納骨室(カロート)及び専用合葬墓に納骨(埋蔵)する場合、申込者と御遺骨との関係を明確に出来る書類を提出し、定められた永代供養料を支払うものとする。

合葬安置方式

受託期間33年。「永久の塔」敷地内合葬墓に納骨(埋蔵)。
永代供養料 ¥80,000.(一霊)
(注1)永代使用料の支払が完了し、納骨が終了してからの解約はできない。
(注2)御遺骨が納骨(埋蔵)されて以後、御遺骨の返還引渡し及び搬出はできない。

第6条(生前申込)

「永久の塔」の使用に関し、生前申込をする事ができる。
申込については本人又は近親者のみに限り、近親者の場合は使用者との関係を明確にできる書類の提出が必要となる。
生前申込者が被埋蔵者又は被改葬者となった場合は、「永久の塔」使用申込時に発行した「永久の塔使用承諾証」を提示の上、埋蔵時に必要な書類を提出する。
生前予約申込者が使用前に契約を解除する場合は、本人確認ができる書類を提示の上「永久の塔使用承諾証」の返還と引換えに、合葬安置の場合は¥40,000.を払い戻す。

第7条(維持管理費用)

「永久の塔」における永代供養料の支払が完了して以後、維持管理費用及び追加費用を一切請求することは無い。

第8条(墓苑管理者による申込の拒否)

「横浜永久の杜墓苑」は「永久の塔」の使用申込を、以下事項に該当する場合はお断りすることがある。

  • 日本国籍を有しない者。
  • 永代供養申込契約者が本人又は近親者で無い場合。
  • 必要書類の提出ができない人。
  • 管理委託契約金が払えない人。
  • 仲介斡旋業者。
  • 当墓苑の管理方法に同意できない人。
  • その他墓参に訪れる方々に迷惑が掛かると思われる人、及び関係者。
  • 埋蔵遺骨が「弔上げ(といあげ)・三十三回忌」を経過している場合。

開苑時間とセキュリティ体制について

secom

開苑時間 9:00~17:00(年中無休)

永久の杜は墓苑の安全管理のためセキュリティによる監視を行っております。
時間外は立入禁止となりますのでご注意ください。

お問い合わせ・資料請求

横浜 永久の杜管理事務所

0120-753-108

大和 永久の杜管理事務所

0120-606-108

アクセスマップ 永代供養墓 大和「永久の塔」 大和 永久の杜 横浜 永久の杜 第一墓苑 横浜 永久の杜 第二墓苑 永代供養墓 横浜「永久の塔」

アクセスマップ

横浜 永久の杜

所在地/神奈川県横浜市栄区公田町1061

MAP

第一墓苑 045-897-3861

第二墓苑 045-897-3071

大和 永久の杜

所在地/神奈川県大和市深見西5丁目5番

MAP

0120-606-108



各種商標登録について

過去、現在、未来へ永久に継続される堅固な絆を象徴している「永久の杜(登録 第5838520号)の
「紋章(登録 第5838524号)」は、特許庁に登録されています。

※その他の商標登録(永久の塔/永久の絆/永久の縁/家族の絆)

各種 商標登録 について