プランのご紹介

永代供養墓

永代供養えいたいくよう 永久とわとう

横浜永久の杜の附属設備として、永代供養墓(永代供養納骨堂)永久の塔が第二墓苑に設備されています。
永久の塔には、第一墓苑・第二墓苑に埋葬されている方々すべてのご芳名帳が納められ、毎月1日・15日午前10時より墓前合同法要が執り行われています。

永代供養 永久の塔

サムネイル画像をクリックすると、画像が切り替わります

使用規則はこちら

共同永代供養墓

永久の塔における永代供養料のお支払い完了以後、維持管理費用および追加費用をご請求することは一切ありません。

永代供養 永久の塔は、
2つの方式から選べます。

単独安置方式

墓誌に本名を彫刻。埋蔵後33年間、納骨室に御遺骨を専用収納容器に移し換えて安置。
埋蔵33年経過後「永久の塔」特別区内合葬墓に改葬します。

永代供養料

一霊 22万円(税込)

納骨室にて御遺骨を安置している10年以内であれば、御遺骨の搬出をすることができます。

納骨室にて御遺骨を安置している10年間に、御遺骨を搬出した場合、所定の返還申立て手続きを完了させたうえで、使用承諾者に100,000円を払い戻すものとします。

合葬安置方式

「永久の塔」敷地内合葬墓に埋葬。

永代供養料

一霊 8万円(税込)

御遺骨が埋蔵されて以後、御遺骨の返還引き渡し及び搬出はできません。

使用お申し込みには制限があります。

永久の塔の使用お申し込みに際し、次項に該当する場合、使用をお断りすることがあります。

  • 日本国籍を有しない者。
  • 申込者が仲介斡旋業者の場合。
  • 永代供養申込契約者が本人または近親者でない場合。
  • 当墓苑の管理方法に同意できない場合。
  • 必要書類が提出できない場合。
  • その他墓参に訪れる方々に迷惑がかかると思われる人並びに関係者。
  • 永代供養料が支払えない場合。

清掃、維持、管理、供養について

墓苑管理者は永代供養墓「永久の塔」に焼骨を、施設内の納骨室(カロート)及び専用合葬墓に納骨(埋蔵)いたします。
また墓苑管理者は永代供養墓「永久の塔」の清掃、管理、維持、供養を「弔上げ」の三十三回忌まで責任を持って大切に行います。

生前申し込みをすることができます。

墓前法要は毎月2回、無料

「永久の塔」における墓前合同法要は、毎月1日・15日午前10時より 「横浜永久の杜」が定めた方式に則り執り行われます。
(但し、1月1日、7月15日、8月15日は行いません。)

この墓前合同法要には、
誰もが、一切の経費負担なく、参加することができます。
墓前合同法要以外に個別法要のご希望にもお応えします。

個別法要をご希望される場合は、下記費用を別途に申し受けます。
(※当墓苑が主催する合同法要以外の場合)

個別供養(お経料):30,000円 埋葬・年忌法要などの依頼
個別供養施設使用料:10,000円 単独年忌法要

永代供養えいたいくよう 完成墓かんせいぼ

”尊厳を失わない”時代を先取りした、まったく新しい形式の墓地

少子化による社会構造の変化に柔軟に対応し、今までにない墓地の形式です。
永代供養完成墓は、2つの方法より使用料が選べ、使用期間経過後は、永代供養合祀墓「永久の塔」専用埋蔵室にて、永代にわたり合葬合祀いたします。

永代供養 完成墓

サムネイル画像をクリックすると、画像が切り替わります

使用規則はこちら

永代供養 完成墓は、
2つの方法から選べます。

1

33年間使用料

180万円(税込)

2

Ⅰ期・Ⅱ期・Ⅲ期分割使用料

Ⅰ期(13年間) 80万円(税込)

Ⅱ期(10年間) 60万円(税込)

Ⅲ期(10年間) 60万円(税込)

年間管理費が含まれています。

夫婦墓所めおとぼしょ 永久とわとう

ご夫婦に後継者がいない、子供に経済的な負担を掛けさせたくない等、様々な理由から夫婦墓所を考えられる方が増えています。
共同供養墓(夫婦墓所)であっても、普通の独立墓地と同じように、常に尊厳を失わず末永く供養できる、それが「永代供養夫婦墓 永久の塔」です。

夫婦墓所 永久の塔
夫婦(1組)

35万円 + 35万円

70万円(税込)

33年間埋葬・供養 / 納骨棺・夫婦一段並祀

  • 「第一墓苑」内、夫婦専用墓所に安置。
  • 御夫婦揃った時より33年間埋蔵安置。その後「永久の塔」専用埋蔵室に合葬。
  • 墓誌記載:有

以後、費用負担は一切ありません。

墓誌はいずれかの納骨時に作成(作成費含む)され、墓前に設置されます。

夫婦墓所めおとぼしょ 永久とわきずな

これまでのように「家」や「累代」を中心とした墓地、また承継者の有無や費用負担、維持管理といった問題があることで、単独墓地を購入されない方も増えています。
「永代供養夫婦墓」は普通の独立墓地と同じように、ご夫婦そろっての尊厳あるご供養が可能です。

夫婦墓所 永久の絆
夫婦(1組)

40万円 + 40万円

80万円(税込)

33年間埋葬・供養 / 納骨棺・夫婦一段並祀

  • 「第二墓苑 特別区」内、夫婦墓所に安置。
  • 御夫婦揃った時より33年間埋蔵安置。その後「永久の塔」専用埋蔵室に合葬。
  • 墓誌記載:有

以後、費用負担は一切ありません。

カロート内に、ご夫婦並んで納骨されます。
墓誌はいずれかの納骨時に作成(作成費含む)され、墓前に設置されます。

家族墓所かぞくぼしょ 家族かぞくきずな

永代供養家族墓所「家族の絆」は弔い上げまでの33年間は独立墓所として、その後は家族単位の専用埋蔵室にて、散逸することなく永代にわたり合祀されます。

  • 世帯主と配偶者、それぞれ一親等であるご両親との合祀はできます。
  • 世帯主と配偶者との間の子供は合祀できます。子供のうち、別世帯を構えた一親等でも承継者がおられない場合、合祀できます。
  • 父母のさらに父母(祖父母、二親等など先祖代々のご遺骨)は永代供養墓「永久の塔」にてお祀りし、33年後の弔い上げ時に「永久の塔」の専用埋蔵室にて合葬安置し、直系のみで合祀されます。

その他合祀のご質問、ご希望については永久の杜管理事務所にご相談ください。

家族墓所 家族の絆
一区画

120万円(税込)

33年間埋葬・供養

  • 被埋蔵者は、申込人本人・配偶者、本人・配偶者の父母、本人・配偶者の子供及びその配偶者(一親等)のみに限定。
  • 被埋蔵権利者を申込時に申告する。
  • 申込者及びその配偶者が揃った時より33年間安置。その後「永久の塔」専用埋蔵室に合葬。
  • 墓誌記載:有

以後、費用負担は一切ありません。

埋葬・供養の期間は申込者(世帯主)あるいは、その配偶者が死去・埋葬された時より33年間安置。
その後は永代供養合祀墓「永久の塔」専用埋蔵室にて、永代にわたり合祀・安置いたします。

独立安置供養墓所どくりつあんちくようぼしょ きずなえにし

墓地のあり方・考え方に大きな変化が生じています。今までのように「家族・一族」や「先祖代々・累代」に重きを置いた墓地から、一霊ごと単独に安置された合祀墓所を選ばれる方が多くなってまいりました。
また最近、顕著な傾向として指摘されているのが、男性・女性ともに未婚率が増加していることです。
必然的に墓所を承継する方がおられず死後の尊厳が失われかねません。

このような社会の変化を真摯にとらえた、一つの結論が独立安置供養墓所「絆(きずな)」と「縁(えにし)」です。
生前のお申し込みで「安心」「安寧」をもたれる方が増えています。

独立安置供養墓所 絆・縁
一霊

50万円(税込)

33年間埋葬・供養

  • 「第二墓苑 特別区」内、永代供養墓に安置。
  • 埋蔵した時より33年間安置。その後「永久の塔」専用埋蔵室に合葬。
  • 墓誌記載:有

以後、費用負担は一切ありません。

埋葬・供養の期間は、33年間・弔い上げの期日になります。
その後は、永代供養合祀墓「永久の塔」にて、永代にわたり合祀・安置いたします。

無料見学随時受付中

管理事務所 営業時間 9:00 ~ 17:00/
休苑日:年中無休

フリーダイヤル0120-753-108

〒247-0014 神奈川県横浜市栄区公田町1061

開苑時間とセキュリティ体制

開苑時間とセキュリティ体制

開苑時間 9:00~17:00
(年中無休)

永久の杜は墓苑の安全管理のためセキュリティによる監視を行っております。
時間外は立入禁止となりますのでご注意ください。

施設・管理棟・セキュリティ体制のご紹介

各種商標登録について

各種商標登録について

過去、現在、未来へ永久に継続される堅固な絆を象徴している「永久の杜(登録 第5838520号)の「紋章(登録 第5838524号)」は、特許庁に登録されています。

※その他の商標登録
(永久の塔/永久の絆/永久の縁/家族の絆)

商標登録、横浜永久の杜紋章の由来

pagetop