永久の杜 紋章の由来・商標登録

永久の杜 紋章の由来

永久の杜 紋章

紋章
(登録 第5838524号)

永久の杜の紋章は、過去、現在、未来へと永久に継続する堅固な絆を表象しています。

三つのが一つに連なり、 永久=の和によってがっちりと結ばれています。

それは時空を超えた縁によって強固に結ばれており、 墓前で合掌する今という瞬間、過去も現在も未来も全て包含し一体となることをも表象しています。
既にこの世に去られた方々に供養を重ね、一生懸命に今を生き、充実した明日を確信する。
それを象徴するのが紋章の意味なのです。

永久の杜 各種商標登録について

各種商標登録

紋章
(登録 第5838524号)

過去、現在、未来へ永久に継続される堅固な絆を象徴している「永久の杜(登録 第5838520号)」の「紋章(登録 第5838524号)」は、特許庁に登録されています。

また、墓石・墓碑・墓標・墓用石材に

  • 永久の塔 (登録 第5838521号)
  • 永久の絆 (登録 第5838522号)
  • 永久の縁 (登録 第5838523号)
  • 家族の絆 (登録 第5843696号)
  • 永代供養完成墓 (登録 第5904754号)

も商標登録がされており、墓石の販売に関する情報の提供、墓地及び墓の販売に関する事務の代理又は代行、墓石の小売又は卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供が守られております。

紋章

紋章
(登録 第5838524号)

永久の塔

永久の塔
(登録 第5838521号)


永久の絆

永久の絆
(登録 第5838522号)

永久の縁

永久の縁
(登録 第5838523号)


家族の絆

家族の絆
(登録 第5843696号)

永代供養完成墓

永代供養完成墓
(登録 第5904754号)


「永久の杜」商標登録について

平成27年7月に、関東の石材店(厳密には墓石販売業者)から当墓苑(大和永久の杜、横浜永久の杜第一墓苑、横浜永久の杜第二墓苑)で使用している「永久の絆」という名称は、すでに自分達が商標登録を済ませているので使用しないようにと申し出を受けました。
更に、もし使用差し止めに応じなければ損害賠償請求訴訟を提起しますとのことでした。
どこかの後進国がやっている手法を、ましてや死者を荘厳に祀るべき墓地にまで持ち込むとは本当に情けない限りです。
当墓苑に祀られている方々の安寧と、墓参に見えられる関係者の心情に鑑み斯様な一方的商業ベースでの申し立てに屈する訳には参りません。
当墓苑も早速に商標登録を申請し、登録を済ませた次第です。

無料見学随時受付中

管理事務所 営業時間 9:00 ~ 17:00/
休苑日:年中無休

フリーダイヤル0120-753-108

〒247-0014 神奈川県横浜市栄区公田町1061

開苑時間とセキュリティ体制

開苑時間とセキュリティ体制

開苑時間 9:00~17:00
(年中無休)

永久の杜は墓苑の安全管理のためセキュリティによる監視を行っております。
時間外は立入禁止となりますのでご注意ください。

施設・管理棟・セキュリティ体制のご紹介

各種商標登録について

各種商標登録について

過去、現在、未来へ永久に継続される堅固な絆を象徴している「永久の杜(登録 第5838520号)の「紋章(登録 第5838524号)」は、特許庁に登録されています。

※その他の商標登録
(永久の塔/永久の絆/永久の縁/家族の絆)

商標登録、横浜永久の杜紋章の由来

pagetop